愛知県立大学

    English

    文字サイズ

    English

    訪問者別

    MENU

    閉じる

    外国語学部School of Foreign Studies

    異なる言語と文化がわかること。それは、予測困難な時代を共に生きる力。

    みなさんは、モダンやポストモダンという言葉を聞いたことがあるでしょうか。モダンの時代(近代)には、封建制が解体され、資本主義と民主主義を基本原理とする市民社会が築かれました。その後、資本主義と社会主義の二大陣営が対峙する時代を経て、規制なき資本主義のもとでグローバル化が進みます。思想・文化の面では、ポストモダン(脱近代)に入ったといわれました。では、私たちが生きる今の時代をどう表現すればよいのでしょうか。

    止まらない地球温暖化、原発事故による放射能汚染、新型ウイルスのパンデミック、戦争が招く国際政治経済の不安定化、等々。それらの問題が行き着く結果について確かなことがわからないまま、私たちは、多様な発想と主張が共存する人間社会の未来を信じて、力を合わせなければなりません。地域社会と地球社会の状況変化を正しく読み取り、予測困難な時代を共に生き抜く。そのために欠かせないのは、異なる言語と文化を深く理解できる人の発想と働きです。

    新着情報

    | RSS |

    過去の新着情報一覧

    学部長あいさつ

    外国語学部は、国立2大学、公立3大学、そして数十に及ぶ私立大学に置かれている(2024年3月現在)、日本では歴史ある学部の一つです。外国語学部の存立基盤は、多様な外国語を対象とする専門的な教育研究にあります。高度な外国語運用能力を有する職業人や教養人を送り出すことは、以前から変わらぬ外国語学部の基本的な教育目標です。また、各言語圏の文化・社会に対する深い理解を得るために、多くの学問分野に跨るリベラルアーツ的な接近法を採用することも、外国語学部の大きな特徴といえるでしょう。

    世界の文化・社会の多様性を知り、異なる価値観の間を繋ぐには、英語はもちろんのこと、他の外国語を運用できることが大きな意味をもちます。言語は、コミュニケーションの道具であると同時に、コミュニケーションの中身や背景を表すものでもあるからです。みなさんなら、何語を選びますか。

    2023年度からスタートした外国語学部の新教育プログラムでは、英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・中国語にポルトガル語が加わり、専攻言語が6言語となったことで、学修の縦軸にあたる外国語教育の充実がはかられました。また同時に、横軸をなす学問的なアプローチの面では、学生による自由な専門性形成を支援する学部共通専門科目の仕組みを導入しています。そして、今日地域社会がますます多様化・多言語化しているという認識の下、公立大学では最も多くの専攻言語を有する本学外国語学部の強みをいかし、3~4年次の専門コースである多言語社会課程を設置しています。

    言語を切り口として、自由に自分の関心分野を深められることは、外国語学部の大きな特徴です。従って、みなさんは世界の主要言語の多くを修得することができ、人文・社会科学の幅広い知見に学びながら、自分の専門性を築くことができます。さらに本学が地域の国際化・グローバル化の著しい愛知県に所在する公立大学としての責務を自覚し、本学の外国語学部は、多様化・多言語化する地域社会に貢献するグローバルな視野を兼ね備えた人材の育成をめざしています。

    外国語学部長
    中田 晋自

    学部情報

    pagetop

    ni casino マザー スロットマシン ネット カジノ は 儲かる のか spinbounty casino 1xbet mirror seabetカジノgc
    casinos in indiana バカラ amazon estrella poker 今日 の ソフトバンク 試合 日本 代表 サッカー 次 の 試合 gray wolf casino montana www leovegas com will's casino noble casino カープ 練習 試合 seabet solutions バカラ ホテル MCC-W88 日ハム 今日 試合 igt casino games bet365 bet slip 10 euro casino 阪神 タイガース 残り 試合 irとは カジノ supreme casino down jacket アルドノアゼロ スロット 為替 スプレッド 1xbet deposit problems casino no limit 任天堂 オンライン ショップ